2009年 08月 21日

DE10の暖地型と寒地型の違い??

「とまれみよ」さんの管理人、つかささんのブログを見ていたら触発されまして自分でも久々に色々調べ始めました。

調べれば調べるほどに形態が違うDE10。
wikiから転載ですが…

一般型
気候が温暖な地域に配置された標準的な仕様である。スノープラウは省略されることが多い。関東・中京・近畿・九州地区に配置されたものに見られる。
A寒地仕様
気候が極めて寒冷な地域で使用するための装備群で、主な追加装備は耐雪ブレーキ・スノープラウ・旋回窓・ジャンパ栓や砂撒管の凍結防止用加熱装置などである。北海道・東北地区の各線区や高山本線などに配置された。
B寒地仕様
気候が寒冷な地域で使用するための装備群で、主な追加装備はA寒地仕様に準じるが、旋回窓は装備せず、電熱式のデフロスタとワイパーを装備する。耐雪ブレーキも装備しない。山陰を中心とした中国地区・中央本線・磐越東線などに配置された。

らしいです。

さらにKATOのホームページを見ると、模型的な作り分けは…
 
 ・スノープローの有無
・乗務員ステップの形体
・運転席窓に旋回窓表現の有無
・ホイッスルカバーの有無(選択式)

らしいです。

関東で活躍するDE10はB寒地が多いように思えます。
となると、模型的にどうするのか?となると…

KATOのASSYで暖地型の前面窓を寒地型にはめ込むのがベストなのでしょうか??

一応参考までに写真をば。

a0116213_12315411.jpg

↑一般的な暖地型

a0116213_12135367.jpg

↑暖地型なのにつらら切り有。

a0116213_1214416.jpg

↑水戸のB寒地(少し写真が曇っていてスミマセン。)

a0116213_12274028.jpg

↑北陸旅行で撮影したA寒地型。

暖地型なのにつらら切りがあったり、でも当然ないタイプもあります。
でも決定的なのはステップの形状の違いでしょうか。
寒地型は前面にステップがはみ出ている感じです?表現が難しいですね。

やっぱりもう1両は寒地型を購入しようかな??
1604を再現したいので…。
[PR]

by hisashi-53 | 2009-08-21 12:20 | 【模型】機関車製作


<< 伊豆箱根鉄道      KATO・DE10購入 >>